英検2級から幼保英検1級を目指します

幼保英検

こんにちは~Miyu-Kittyと申します♪

今日から*幼保英検*のブログを始めました。英検2級から幼保英検1級を目指します。

幼保英検とは

<幼保英検とは>

<<一般社団法人 幼児教育•保育英語検定協会>>
Organization of Test of English for Early Childhood Educators
メール info@youhoeiken.com    電話 03-5725-3224

幼児教育・保育英語検定協会(幼保英語検定協会)
幼児教育、保育環境の国際的なグローバル化に対応できる幼稚園教諭及び保育士等幼児教育者養成の一環として、全国の幼稚園・保育園並びに幼稚園教諭・保育士養成学科を有する大学・短大及び専門学校と連携・協力して、幼保英検の実施を通し必要な実用英語の習得及び向上に資するため、英語の能力を判定し、またさまざまな活躍の機会を拡げその能力を養成することにより、日本の幼児教育、保育現場の向上に寄与することを目的とします。

また、諸外国における乳幼児教育分野の研究成果等を日本に紹介し、乳幼児教育分野の発展に寄与する活動にも積極的に取り組むことを目的とします。

<幼児教育・保育英語検定(幼保英検)特色>

幼保英検は、幼稚園、こども園及び保育園等幼児教育施設において、英語でのコミュニケーション力の習得状況を知り、さらに向上させる機会となります。
乳幼児との会話、園内の教育・保育に焦点をあて、現場に即した実用英語を習得できることが大きな特色です。

園内教育・保育及び保護者との日常会話から連絡・交流に必要な題材まで、受検者の学習を考慮した工夫された内容になっており、楽しみながら知識を深められる構成となっています。「入門レベル」から責任者として活躍できる「専門レベル」までの5段階で構成されており、英語力の伸びを実感できるだけではなく、資格を取得すると、幼児教育、保育分野で幅広く活用でき、幼児教育、保育環境の国際的なグローバル化に対応できる実用英語取得です

私が幼保英検1級を目指す理由

私は若い保育士ではありません。人間関係の複雑さやモンスターペアレンツに悩んだり、腰痛 過労 薄給 劣悪な労働条件に晒された事もあります。
子供たちの齧りつき 怪我などの責任、日々の業務に加え自宅への持ち込み仕事など 保育士の仕事は毎日とてもハードです。それでもやっぱり子供が好きだから、可愛いから、との理由で、多くの保育士たちと同様 ブーブー文句を言いながらこの仕事を続けています(笑)
自分の今までの保育士生活の中で学んできた事や そこから派生し、気づけば自分の人生観に影響を及ぼし成長させて頂いたのは やはりこの仕事を続けてきたからだと思います。
私はおよそ園長や主任になるようなタイプの人間ではありません、自分はあと何年 保育士を続けているか判りません。そんな自分の保育士生活の集大成として 幼保英検1級を目指そうと考えました。

去年からの学習の経緯

去年の四月から一度、幼保英検の勉強に三ヵ月間 挑戦しましたが、夏に熱中症にかかり入院。
かなりの重症で退院後の衰弱が酷く、保育園の勤務をこなすのが精一杯で 帰宅後に勉強する体力も気力もなく頓挫してしまいました。

当初、幼保英検1級を目指すべく意気揚々と購入した教材。また機会があれば、、、と、放置したままになっておりました。
今年 コロナになり生活環境が一変、鬱々とした状況の中 学習を再開させる事になりました。
自分の身体を第一に考えながら無理をせず進めていきたいと思います。もしまた中断する事になっても構わないので、最終的に1級目指して長期戦で取り組んでいこうと思います。

同じく幼保英検の修得を目指している方、英検2級を修得後 英語力が伸びずモチベーションが下がっている方、共に頑張りましょう!